交通事故

アクセス

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 床の物を取ったり、立ったまま靴を履いたりできない
  • 寝返りや姿勢を変えるときに痛む
  • 痛みで座った姿勢から支えなしで立ち上がれない
  • 寝起きに腰が痛みなかなか起き上がれない
  • 長時間座っていたり、同じ姿勢でいたりするのが辛い

ギックリ腰はなぜ起きるの?|すまいる針灸接骨院

不意に引き起こすぎっくり腰は、誰にでも起こり得る症状です。身体の要ともいえる腰を痛めてしまうと、日常生活の様々なところへ支障をきたしてしまいます。そのぎっくり腰の原因の多くは、腰への負担の蓄積による骨盤・骨格の歪みです。
例えば、長時間のデスクワークやスマホ操作も腰に負担をかける作業の1つです。長い間同じ姿勢でいたり、身体の重心よりも頭が前に出すぎたりすることで、腰を支えている組織に大きな負担がかかってしまいます。腰の周りの神経・筋肉の働き、血流の障がいが続き、運動不足・歩行不足などが重なると身体に疲労物質をたまりやすくしてしまいます。 結果、姿勢の歪みはいつまでも改善されずに疲労だけが蓄積され、ある日突然強烈な痛みが走りぎっくり腰を発症して動けなくなってしまったり、あるいはそれを繰り返す体へと変化してしまったりしてしまいます。

当院のギックリ腰の治し方|すまいる針灸接骨院

当院では、体の状態を把握することを第一に行います。リラクゼーションのように全体をもみほぐすことはせず、しっかりと腰痛の原因にアプローチし、根本改善を目的としています。 そのため、当院の施術は問診からはじまり、身体の重心のバランス検査、骨格や関節、筋肉の状態の検査、施術という流れで行います。各検査は、当院独自のもので、それをベースに施術内容を組み立てていきます。 原因である骨格の歪みを正し、日常生活動作を整えることで、ぎっくり腰の症状を繰り返さない体を作っていくのです。

 

当院は腰痛や繰り返すぎっくり腰に悩んでいる方へ、骨盤矯正及び筋肉、自律神経調整を行います。「どんなことをされるのか心配」「ぎっくり腰をしっかりと治したい」という方は、ぜひ一度当院へ相談にいらしてください。

ぎっくり腰でよくある質問|すまいる針灸接骨院

Q、ぎっくり腰ってお風呂で温めてもいいの?
A、ダメです!
急性の腰痛は、炎症がきつい状態です。その時に温めてしまうと、痛みが強くなったり、痛みがなかなかとれなかったりしてしまいます。アイシングと言って患部を氷で冷却するのがおすすめです。ご自身で判断せずご相談ください。
→炎症とは患部が赤く腫れたり、熱をもっていて疼痛がある徴候です。

Q、通院ペースはどのくらい?
A、だいたいきつい痛みは1週間で落ち着いてくると思います。その1週間の間はできるだけ間隔を空けずに通院してもらい、よくなったら体の状態に合わせて通院ペースを減らしながら経過をおっていきます。

各院のご案内

六甲道院

電話・時間

アクセス

甲南山手院

電話・時間

アクセス

甲南みなみ院

電話・時間

アクセス